2021年3月28日

更新日:

従来、著作権というのは、作品の表現に付与される権利と解釈されてきました。

その対象は、主に、文学や音学や絵画などの芸術系の創作物でしたが。

時代の要請により、ソフトウェアも適用対象になり。

ソフトの元になる仕様(書)も対象になってきた。

大雑把な流れ図ですね。

更に、回路図なんかも対象になってきて。

特許で保護してないけど。

「それにより、莫大な利益が発生する可能性のある創作物」

は、他人が盗んで、儲けることを阻止するため著作権で保護できるわけだ。

ここで大事なのが、創作物の定義というか、範囲問題。

それでも、何となく、阿吽の呼吸で、誰もが認める

「あの人(組織)の創作物」

というのがあるの。

具体例がソフトウェアですが。

あんなもの、それまでのアルゴリズム技術の組み合わせに過ぎませんが。

それでも、その創作に対する多大な努力というものがあります。

これを、チョロット真似て、楽して儲けることは、第三者が見て、卑怯に感じるわけで。

世間が知ると、やはり、黙っていないのよ。

特に、猿の好きな民主主義国家では。

やはり、

「せめて、少しは、オリジナルな作者に敬意を表し。

儲けの幾許かを、相手に払うべきだ。」

となるのよ。

これが、訴訟では、一番、大事な核心利益であり。

この基本思想は、ソフトウェアに限定されるものではなく。

裁判官の胸先三寸で決まるわけでもありません。

だからこそ、民主主義なのですよ。

そして、今、私が戦っているのは。

当に、この根源を問う戦いなのです。

民主主義が悪魔主義に堕落しているかどうかのチェック。

私に金を払わず、誤魔化して済まそうとするのは、悪魔主義の見本だと言ってるの。

民主主義というのは、悪魔主義に堕落し易い体制なのですが。

そうなると、最悪の体制となります。

猿が集団で、優秀な人に目を付け、潰し始めるのよ。

己の醜い嫉妬心を隠し、適当な口実を作って。

分かってるのかい、欧米よ。

引き続きこのコンテンツを閲覧するには会員ログインが必要です。ログインページに移動
未だ会員登録がお済みでない方は新規会員登録へお進みください。

Copyright© 株式会社人生.サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.