2022年6月28日

更新日:

2022年6月28日 (ハイパー神商)

 

Penfonのライバルとしてのスマートウォッチですが。
先日、あれで、改札をタッチして通った猿を見ました。
私の目の前で通過したので、私に見せつけるつもりだったのカモ。
馬化だなー。
あれでライバルの欠点が分かりましたよ。
腕時計は、通常、利き腕とは別の腕に装着するもので。
世間は、圧倒的に右利きが多い。
よって、スマートウオッチも左腕に装着するのが普通です。

 

この状況で、駅の改札を通ると、どうなるか?
改札のタッチ式読み取り機能は、向かって右側に設置されています。
よって、左手の手首部分を右側の読み取り装置付近に近付ける必要がある。
これは、左手を胴前から右装置まで延ばすことを意味します。
腕の長さを考えると、これは難しく。
通過しながら、サット、腕を伸ばした程度では無理。
体を捻る動作が必須で。
しかも、ウオッチ本体は腕の外側にあるので。
その外側を読み取り装置に向けて、腕自体も捻る必要が発生します。

 

こういう動作を、改札通過中にやってると。
そこそこ、時間がかかりますね。
現に、私の目の前で生起しましたから誤魔化しようがない。
しかも、通過し難そうでしたよ。
通過速度が落ちるレベルじゃなく。
ストップして、90度体の向きを変えるレベルになっていました。
本人はスマートで洒落たつもりらしいけど。
どう見ても、ダサイ。

 

これと同じ不便さが、コンビニの支払い場面でも発生しているはず。
カウンターにある読み取り機に対し。
体は正面向けていても。
腕を捻る必要がある。
この程度なら許容範囲だと言えるカモ。
しかし、読み取り位置の上部に庇カバーのある装置だと。
掌が邪魔になりますね。
カード型やPenfonでは、カバーの下でタッチできるのに。
時計では半カバーに手を乗せる程度の近さは必要でしょう。
よって、支払い毎に、手の甲皮にダメージが。

 

暗証番号入力式じゃない、タッチ式でも庇カバーは多いですね。
装置によっては、読み取り部が空洞ボックス式になっている。
こうなると、完全に掌が邪魔で、使い物にならない。
日本の駅のプラットフォームでグリーン券買ったことがある人なら経験済みのはず。
そもそも、ウオッチじゃ、QRコード読み取れないでしょう。
だから、そちら方面の支払いは出来ない宿命。
一方、Penfonでは、QRコード読み取り可能にできます。
簡単なレンズ付きますから。
値段次第ですけど・・・。

 

この導入部から、今回の本論に。
今回は、Penfonを題材にして猿の推論脳力退化の実例を挙げます。
小学生からタブレットでタッチペンを使うことに慣れている人口が増えてきて。
やがては多数派になるでしょう。
このタッチペンですが。
スマホCMのアナロジーで、ついつい、タブレット本体にくっ付けたくなるカモ。
実際、マグネット式とか、ありますし。
しかし、そうなると、本体がカバンにあれば、タッチペンもカバンの中です。
よって、駅の改札通過には不便。

 

一方、Penfonはポケットに入れて身に付けます。
だから、取り出しは楽スマート。
この為には、ポケットのある服装が必要ですが。
マンコの場合、ポケットの無い服も多い。
これに、どう対処するかですが。
現状、マンコは、こういう服装の場合、スマホをどうしているか?
カバー付けてバッグに入れて持ち歩いていますね。
で、駅の改札場面では、バッグから取り出している。
これは、一々、面倒でしょう。
慌てると、バッグの蓋の閉め忘れとか発生しますし。

 

マンコの場合、家から駅まで、ズット、スマホを手に持っているケースもありますが。
これなんか、スマホ中毒だと他人に宣伝しているようなもの。
一方、バッグに入れると、改札問題が。
この相克に、どう対処するかです。
(なお、スマホよりタッチペンの取り出しの方が、余計に面倒ですね。
なにせ、比較的小さいし。
タブレット本体にくっついているので。
バッグの中でゴソゴソする必要がある。)

 

その為には、服にポケット付ける方向に社会を進歩させた方が良い。
それを推し進めるのがPenfon。
こういう風に考えるべきなんですよ。
男性の服には、必ず、ポケットがあります。
男女同権なんでしょう。
ワンピースでも、Penfonポケットならシルエットの邪魔になりません。
少し、本気で考えたらどうか、ユニクロよ。
ユニセックスっぽい方向になってるけど・・・。
ワンピースは漫画に任せるのか。
(上手い、座布団1枚!) 

 

ここから、タッチペンの御利益を。
すでに、
「キーボード+マウス vs タッチペン」
というライバル関係を示しておきましたが。
キーボード単体で、入力速度を考えちゃ駄目ですよ。
仕事の半分以上はマウスでやってるのだから。
キーボード・マウス間の移行の手間と回数を考えなきゃ。
それとマウスの操作感。
特に描画場面で。
トータルで見れば、タッチペンの方に軍配が上がります。
まして況や、マウスの無いノートパソコンをや。
連中、ホント、使い難いぜ。 

 

タッチペンの御利益は入力装置としてのメリットだけではなく。
イラストを描く機能が他を凌駕する点が本質ですが。
プロの漫画家やイラストレータだけが使うわけじゃありませんよ。
すでに、メッセージでスタンプ押す行為は日常的になりました。
最早、これ抜きでは、友猿間の意思疎通が図れないほど。
しかしね、こういうスタンプは他人が作成した量産品で。
♡を押しても、今一つ、本人の本気度が伝わらない。
それよりは、自分独自ハートの絵を描いた方が良いのでは?
三菱やベンツではなく、
「3♡」
なんて。 

 

引き続きこのコンテンツを閲覧するには会員ログインが必要です。ログインページに移動
未だ会員登録がお済みでない方は新規会員登録へお進みください。

Copyright© 株式会社人生.サイト , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.