2019年6月28日

更新日:

2019年6月28日 (ハイパー神商)

 

今回も、Pen Phoneに関する話題です。
まずは、予告ビジネスを優先させて。
アップルにも、誘いの手紙を出しておきました。
結果、無視ケラの齧り林檎からの返事なし。
その程度の会社だということ。

 

アップル 

 

アップルは、昔からデザインだけで、オリジナル技術は皆無。
元は、ゼロックス社製品のパクリから始まった会社だぜ。
それが、Tシャツ着ると伝説カリスマになるのか、時流に乗って。
あの会社の時価総額が世界一になるなんて、目下の世相を反映してるなあ。
反射神経猿が、その場限りの、表面だけの印象CM操作で品物買うわけだ。
一言、投資家に注意しておかねば。

 

「今後は、アップルの株価は落ちる。」
というのが神の予想。
さーて、どう思うかな、株の予想屋よ。
印象操作に乗った、バークシャハサウェイの愚かさ。
残しておけよ、天才賞への寄付金を。
投資のトップがこれなら、後は、推して知るべし。
猿は、彼を投資の神様扱いして、ビジネスランチに行列している有り様。
一緒に食事して、自分の技量が上がると妄想する模様。
それとも、運の御裾分けを狙うのか。 

 

金融系投資家なんて、このレベルのアホだということ。
本気らしいので、ほぼキチガイだな。
だから、私に纏わりつく猿が後を絶たないわけだ。
なにせ、神の御利益の御裾分けと思っている始末だからね。
しかし、連中の正体は悪魔ですよ。
それが証拠に、連中、私に投資できてない。
エンジェルというのは、私の会社に投資する連中のこと。
声掛けてやったのに、断った猿は、今更、悪魔の正体を誤魔化せないぞ。
さーて、孫の10兆円ファンドの運命や如何に?

 

引き続きこのコンテンツを閲覧するには会員ログインが必要です。ログインページに移動
未だ会員登録がお済みでない方は新規会員登録へお進みください。

Copyright© 株式会社人生.サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.