2019年9月28日

更新日:

2019年9月28日 (ハイパー神商)

前回、後半で、ユーザインターフェイスに関する新機能のことを預言したので。
電磁波に関する論点が相対的に薄まったように感じる猿も多いカモ。
勿の論、私の伏線罠ですよ。
こういう逸らし手法は政治家が良く使う手ですが。
それに乗せられる愚かな大衆という構図。
今回は、電磁波対処法の機能について、更なる追加情報を。
まずは著作権の観点からPen phoneを論じます。  

「5Gから先の時代に、スマホの電磁波の影響を軽減するには、どう対処すれば良いのか?」・・・(電磁波)
なにせ、人類がゾンビになるかどうかの瀬戸際です。
タバコによる肺癌よりも、スマホによるゾンビ化の方が確信度、高そう・・・。
歴史上、影響度を確かめる為に、人体実験やってみるか。
それとも、神の忠告に従って、影響回避する道を選択するか。
さ-て、歴史は、どちらに進むかな?

脳に対する5Gレベルの電磁波照射は、人類の歴史上初ですよ。
今後の人類にとっての最重要課題だと言っても過言ではないのに。
(無)意識的に目を逸らして生きていくつもりか。
だから猿なのよ、君らは。
中国人に生き脳食われても、キョトンとしている生き物。
(オイオイ、今、目の前で起きてる現象は羊達の沈黙かよ。)
一方、私は神ですから、人類のため、強調しておきます。
「(電磁波)に対する神の解答がPen phoneだ。」
これで、ブランド確立。 

ちなみに、温暖化は、ようやく、本格的に影響が出始めましたが。
既存権益経済にも、かなり干渉しますからね。
判っちゃいるけど、急には止められないってか。
猿の哀しいサガ。
一方、電磁波の方は、Pen phoneで即座に完全対処可能です。
しかも、新ビジネスになる。
よって、Pen phone方向に進まないとすると。
それは、神に対する嫉妬以外の何物でもない。
まさに、悪魔の選択行為。 

タダでPen phone開放すると言うと、皆、雪崩を打って参入するはずですが。
そうはいかないのよ。
だって、MSの製品はタダじゃないもの。
つまり、私がビルゲイツより金持ちになる程度の利権は確保します。
敵悪魔は、特許の期限切れになるのを、ジット待っていたような風情も感じられますが。
そうはいくか。
こちとら、その程度の戦略は、特区に、御見通しよ。  

まして況や、盗んだ後で、
「神のアイデアだ。」
なんて肖り商法は許さない。
今までは、韓国や台湾が、日本製品に対し、よくやってきた手法ですが。
最近は、肖る品がなくなってきた始末。
(ヨーク聞いとけよ、旧カジノ陣営も。
もはや、カジノの時代じゃないの。
B‐embedの時代だぜ。)
肖り商法の意味が判るかな?

絵画なんかでありますね。
画家のタッチを真似て、別の絵を描き。
その画家の未発表作品だと言って、世間で売るビジネスが。
問題は、その絵は、
「画家の世間評価基準程度に高く売れる。」
という点。
だから、全く別の絵でも盗作になるわけです。
猿は自分勝手な判断する場合が多いので、ここで敢えて忠告しておく次第です。 

では、何故、今までも、私のアイデアに対する著作権侵害訴訟を起こさなかったのか?
だから、そこが伏線ビジネスなの。
食べる前に、餌を与えて肥らせる。
これ、常識。
実際、スマホは世界中に拡散したでしょうが。
だからこそ、私のPen phoneビジネスも実入りが多くなる。
こういう段取りです。

引き続きこのコンテンツを閲覧するには会員ログインが必要です。ログインページに移動
未だ会員登録がお済みでない方は新規会員登録へお進みください。

Copyright© 株式会社人生.サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.