2019年10月28日 

更新日:

2019年10月28日 (ハイパー神商)

日本のリニアは、電磁波遮蔽対策しています。
これを、どう解釈するかです。
電磁波の種類によっては、ある程度は遮蔽できると思うか。
君らも、乗った後、腕時計の調子を確かめなさいね。
多分、クレーム付ける輩が出るはずですよ。
さーて、JR東海の運命や如何に?
一方、遮蔽できない種類の電磁波も多いのですよ。
だからこそ、鉄筋コンクリートのビル内でも通話できるの。
いずれにせよ、少なくとも、遮蔽しないと、ビジネス的にマズイとは思っているわけで。
これが電磁波問題です。  

この伏線導入部から、本編に。
今回は、特許と著作権と神権の本質的な相違を判り易い具体例で論じておきます。
まずは、著作権設定問題から。
5Gからの無線通信は通信量増やすのが売り文句。
これには、スマホ本体の電池の容量増加が必須。
だから、4Gと比較すると、電磁波計測装置の音が大きく鳴ります。
つまり、人体への影響度が増すということ。
こういう仕組みですが。

現在、何も知らないオス猿は、スマホをスーツの内ポケットに入れています。
(マンコの場合は、カバンですね。)
右利きは左内ポケットに入れるのが定番ですが。
あの位置は心臓の真上ですよ。
心臓も動いて、波形を作っており。
やはり、電磁波の影響を受けます。

脳に影響あることが判っているのですよ。
心臓に影響しないはずがない。
腫瘍レベルの話じゃなく、鼓動の正確さに対する干渉です。
よく、我慢してるなあ。
言っとくけど、心電図で波形が乱れたら、病気なんですよ。
細動とか。
心電図計測装置があるから、誤魔化しようがないということ。

この指摘で、以後は、スマホをカバンに仕舞い始めるはず。
そのまま内ポケットに入れ続けるのは、タバコ猿と同類と見做され始めるでしょうね。
そういうことは許されないのよ、少なくとも、責任ある地位の社会人は。
で、本体をカバンに仕舞った場合、電話が鳴って取り出すのに、多少、手間が掛かる。
サット、かっこよく取り出すためには。
Pen phoneを胸ポケットに入れておくのがベスト。
電磁波弱いからね。 

引き続きこのコンテンツを閲覧するには会員ログインが必要です。ログインページに移動
未だ会員登録がお済みでない方は新規会員登録へお進みください。

Copyright© 株式会社人生.サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.