2019年12月28日

更新日:

2019年12月28日 (ハイパー神商)

5Gは高速で大容量の情報を流すのが目的。
その結果、電池の減りも早くなる。
このため、電池の容量は4G時代より増します。
で、電池容量が大きくなると、電磁波計測装置の針が大きく振れます。
かなり危険な状況。
この5G本体と比べれば、Pen phoneの身体に対する影響は軽微。
ほぼ無視できるレベルです。
こういう仕組みです。
風が吹けば、桶屋が儲かるのとは推論の質が違う。

ついでに、この文脈で、注意しておくと。
スマホのカバーが流行していますね。
これは、単なるデザインのため。
「この素材に電磁波遮断素材を練り込むとOK宇宙。」
なんて、素人は考えないでね。
そんなもので、スマホの電磁波が遮断できるほど甘くはないのよ。
そもそも、それで本当に電磁波遮断したら、スマホで電話できなくなりますよ。

しかし、一方で、Pen phoneの電磁波なら、ある程度、素材で遮断できます。
これが、波長の問題。
何故、低周波とか高周波と言ってるのか、よく勉強してね。
比喩で言えば、赤外線と紫外線では、肌の日焼け度合いが違うでしょう。
ほんの少しの波長の相違ですけど。
ちなみに、光は遮断できますよ。
5Gは遮断できないけど。
Pen phoneは、WiFiよりも、もっと遮断できるように、波長設定できる。
逆に、電波の届く範囲は狭まるけど、Pen Phoneには十分。

でも遮断すると、電話の邪魔になるのでは?
だから、スーツの生地側は遮断しないの。
これで、電波確保して。
ポケット位置の裏生地の方だけ遮断すると言ってるのよ。
猿脳は青いわ。
いずれにせよ、Pen phoneの電磁波の電力は微弱で十分。
距離2mくらい届けばいいの。
だから、計測装置で測っても音は(ほぼ)しない。

それを、更に遮断するのは、
「完全無農薬有機野菜」
を栽培するような感覚。
それでも、それに金出して、格を保ちたい層は実在するのよ。
Pen phone専用内ポケットでも付けて、
「人生スーツ」
として、ブランド化します。
タバコで一人前の気分になる労務者には判らない世界。
強調しておきますが、5G本体まで遮断できると思わないでね。

Pen phoneとスマホとの通信は既存のブルーツースなんかで実現しますが。
ブルーツースの電磁波が大きい場合は独自の仕様でもOK。
電磁波が大丈夫なレベルに弱めます。
装置で計測すれば一目瞭然です。
勿論、通信に支障がない程度にですよ。
1m~2m届けばいいので、ブルーツースよりも弱い。
そして、ブルーツースの電磁波の人体に対する影響は人体実験済み。
これがイヤフォン効果。
上が下を踏み台に使うとは、こういうこと。 

引き続きこのコンテンツを閲覧するには会員ログインが必要です。ログインページに移動
未だ会員登録がお済みでない方は新規会員登録へお進みください。

Copyright© 株式会社人生.サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.