2019年2月28日

更新日:

2019年2月28日 (ハイパー神商)

 

ビジネスは金額です。
訴訟に勝てば良いというものじゃない。
利益は最大化、経費は最小化。
常識でしょう。
当社から見れば、成功報酬で受けない腰弁事務所は必要経費の節約になります。
大手の場合、事務能力だけはありそうだから。
法廷戦術にも精通しているだろうし。
だから、時給相手で手を打つか。 

 

今までは、不動産投資で生計を立ててきました。
仮想通貨のような詐欺じゃない証拠を示すことが大事なので。
ここらで、現時点の私の不動産資産について情報開示しておきましょうか。
登記情報で調べてみてください。

 

不動産

 

今、家賃年収は8000万円くらい。
(不動産投資の場合、年商というのは、極端にブレます。
売買すると、金額が大きいですから。)
長岡と青森は、まだリフォームに手を付けていません。
長岡が仕上がると、1億円超えのメガ大家です。
新潟の物件は、先日手に入れたばかりで、現在、登記手続き中。
3月には登記完了するでしょう。
 (売主が、偶然、宇宙真理学会となってますが。
当社とは、無関係。
名ばかり宗教法人で脱税した挙句の競売物件です。)

 

このように、順調に、買い増ししています。
私の資産管理会社は、現在、2社目。
当社の資本金は9600万円で(中小企業枠が)満杯。
株式会社ハクアの資本金は5800万円。
それよりも、個人所有の不動産の方が多い。
いずれにせよ、全部、私の資産。
なにせ、私が株主100%の会社だから。 

 

一方、個人の(不動産以外の)金融資産の方は?
次回、開示するので、想像しておいてください。
大したことないですよ、プライベートジェットに乗れないのだから。
乗るためには、MSに勝たねば。
ところがね、相手の腰弁も、徐々に、図に乗ってきて。
現在、大手の法律事務所は、MS相手の特許侵害事件の費用に5億円を要求する時代に突入しています。
実際に、そう言われたものね、ジョーンズデイの東京事務所で。
こうなると、資金準備のイタチごっこで、間に合わなくなります。 

 

経費3億円と言っていたので、自分で準備してきたのよ。
やっとこさ、訴訟費用が調達できたと思っていたのに。
5億円が必要となると計画が狂います。
無理に出せば、出せない額じゃないのですが。
それじゃ、会社の運営に支障が出るし、生活の質も落ちる。
よって、訴訟資金集めの現段階で、何処かと組みます。
一山当てたいエンジェルやファンドは声を掛けてみてください。
というわけで、今回は契約条件について。  

引き続きこのコンテンツを閲覧するには会員ログインが必要です。ログインページに移動
未だ会員登録がお済みでない方は新規会員登録へお進みください。

Copyright© 株式会社人生.サイト , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.